ホテル業界ニュース

ホテル旅館観光業界ニュース20190914

投稿日:

■東急バケーションズ大阪 御堂筋(大阪市中央区)が11月1日に開業する。
同ホテルは、11月1日に開業する、日本初の寺院山門と一体となったホテル「大阪エクセルホテル東急」の15階に位置するもので、都市型シェアリングリゾート施設。2LDK・約67平方mと広い客室を活用することで、普段とは異なる環境でのミーティングやチーム合宿を行うことも可能としており、「ワーケーション」の拠点として、法人利用にも適した環境を提供するという。客室は3室用意。フルキッチンなど自宅と同等の設備を用意することで、日常生活の延長線上にあるかのようなくつろぎと利便性を体感できるとしている。また、ベッドルームは個室となっているため、プライバシーが確保されており、複数世帯での利用にも適した客室スペックだという。

■札幌グランドホテル(札幌市中央区)では、「食べてラグビー応援!スペシャリティディッシュにトライ!!」を開催する。
9月20日より開催されるラグビーの世界大会の応援企画として開催されるもので、館内レストラン「北海道ダイニング ビッグジョッキ」と「ラウンジ・バー オールドサルーン1934」で、札幌で開催される試合に出場するラグビー強豪国「フィジー」「トンガ」「オーストラリア」「イングランド」の郷土料理を用意。普段は味わう機会の少ない珍しい料理や、各国の代表的なメニューが登場する。

■グランドハイアット東京(都内港区)にハロウィン限定メニューが登場する。
6階「オークドア」では、「ハロウィンラボラトリー」をテーマにしたアフタヌーンティーを用意。2段のスタンドには、今にも動き出しそうな心臓に見立てた苺のカップケーキや蜘蛛モチーフのチョコレートなど3種類のスイーツを用意。また、指の形をした骨付きソーセージや脳みそをイメージしたハニーベイクドハムのムースなど、3種類のセイボリーも並ぶ。
「実験室」に変身する6階「オークドアバー」は、ラボラトリー仕様の空間で、試験管やフラスコに入れたハロウィンカクテルを提供する。「試験管カクテル」は、試験管に入った3種類のリキュールに、秘密の液体を自分で注いで完成させるカクテル。リキュールには、メロンリキュールにパイナップルを合わせたフルーティーなものやブルーリキュールとライチを合わせた甘味のあるカクテル、カナダの「エンプレス 1908」を用意する。その他、フラスコで味わうサングリア「Bloody sangria」や、ミャンマーの薬草「ブラックカテチュー」を配合した黒いウォッカ「ブラックマジック」なども提供するという。

■マヤホテルキョウト(京都市中京区)が12月下旬に開業する。
フィンランドのプロダクトデザイナー、ハッリ・コスキネンがデザインしたカプセルホテル。ハッリ・コスキネンは、コンパッソ・ドーロ賞やカイ・フランクデザイン賞など数多くのデザインアワードを受賞し、「イッタラ」や「アルテック」をはじめ様々なブランドやレーベルのデザインを手がけている。その中でもニューヨーク近代美術館に展示されているガラスの中に電球を閉じ込めたようなデザインの「Block Lamp」は、彼が世界的に知られるきっかけとなった。
今回、大小2サイズのカプセル「Hut」は、家に見立てた三角屋根の象徴的なデザインに、ライトやスイッチ、テキスタイルなど内部までオリジナル制作。外観は、京都の町屋との調和性を図ったデザインとなっている。また、1階共有部にはフィンランド・ヘルシンキにあるフィンランドを代表する建築家アルヴァ・アアルトがデザインしたアカデミア書店内のカフェ「カフェ・アアルト」が日本初上陸。フィンランドスタイルの朝食や伝統的な料理のサーモンスープ、チーズケーキをベースにしたブルーベリーパイ、甘さ控えめでしっとりしたシナモンロールの他、コーヒーやお酒などを提供する。

■宮崎県日南市にある築140年の武家屋敷が旅館に生まれ変わる。
日南市飫肥を代表する古民家のひとつ「旧小鹿倉家」で、そのままの部分を残しながら改修をして、食事と露天風呂のついた旅館を運営するという。旅館には5組・最大16人が宿泊でき、料金は1泊1室35,000円相当で、県外・海外からの客層を想定。北郷温泉から協力を得て、タンクローリーで温泉水を運んで温泉に入れるようにしたい考え。建物は、2015年に小鹿倉氏から日南市へ寄付された。敷地面積は2,479平方m、延床面積は350平方mある物件。工事は10月から行い、来年3月のオープンを目指す。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 000000001.jpg です

■米・モンタナ州のホテルのバスルームに珍客が訪れた。
訪れたのは黒い熊で、ビッグスカイにあるホテル「Buck’s T-4 Lodge(バックス・ティーフォー・ロッジ)」のバスルームの中に籠った。窓をよじ登って中に侵入したと思われる熊は、洗面台の上で丸まって横になり、束の間の余暇を過ごした。その後、無事に外に連れ出されたという。

■ホテルディスカバー京都長岡京(京都府長岡京市)がオープンした。
5階建て木造ホテルで、京都府産のスギ材を使用し、市街地に建つ5階建ての都市型ホテルとしては日本初の試み。木のぬくもりを大切にしたくつろぎの客室空間を提供する。宿泊客以外もランチやカフェ、お酒を味わえるまちバルSUBACOでは、長岡京でしか味わえない地元の野菜を使った料理が味わえる。同店内の一角では、毎日午後8:00~午後10:00までの間、国内外の旅行者同士が交流を深められる「交流タイム」を開催。バイリンガルのスタッフが橋渡し役を務めるので、誰でも安心して参加できるという。また、本場の職人たちから学ぶ文化体験プログラムに参加できる場所も案内する。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
ベッド 和室
デュベスタイル ベッド 旅館 サータ
大きいサイズ ベッド
 ベッドスロー サータ ホテル ベッド
━━━━━━━━━━━━━━━━

-ホテル業界ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホテル旅館観光業界ニュース20191124

■ホテルプラザオーサカ(大阪市淀川区)では、大阪府の認定する「大阪産(もん)」の食材を使ったグルメフェアを開催している。 場所は、レストラン「逢坂」で、梅の実を食べて育った「大阪ウメビーフ」や、和泉の …

ホテル旅館観光業界ニュース20191021

■「酒蔵ホテル」が計画されている。 長野県のクラビトステイが計画しているもので、長野県佐久地域に13ある日本酒の酒蔵を生かした地域づくりを構想。主なターゲットは外国人の富裕層。2泊3日で酒蔵に滞在し、 …

ホテル旅館観光業界ニュース20191031

■ランドーレジデンシャルホテル京都スイーツ(京都市南区)が開業した。 京都エリア2棟目となる。これまで京都・福岡・札幌でインバウンド向け長期滞在型ホテルを開発。ホテル内にはレストランを設けず宿泊特化型 …

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190417

■シェラトン都ホテル大阪(大阪市天王寺区)では4月27日より「兜ケーキ」を販売する。 場所は、カフェ&グルメショップ「カフェベル」で、端午の節句にちなみ「兜ケーキ」を販売する。 戦国武将 真田 …

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190406

■奈良ホテル(奈良県奈良市)と牛乳石鹼がコラボした石鹸が登場した。 同ホテル「110 周年アニバーサリーイヤー」の記念品として、創業年が同じ牛乳石鹼共進社とコラボし、ロングセラー商品 牛乳石鹼「カウブ …