ホテル業界ニュース

ホテル旅館観光業界ニュース20191007

投稿日:

■ホテルトラスティプレミア熊本(熊本市中央区)が10月9日に開業する。
ロケーションは熊本市の中心部、桜町エリアの再開で誕生した地下1階、地上15階建ての複合施設内。同施設には日本最大級のバスターミナルや商業施設「サクラマチ クマモト」、シネマコンプレックス、ホール、ブライダル施設、オフィス、分譲マンションホールなども併設されている。
ホテルのデザインコンセプトは「和」の感性を「洋」でしつらえた「和魂洋彩」とし、「熊本城」をデザインモチーフに金色を効かせた絢爛豪華な演出を施す。客室はダブルを中心に205室を用意。熊本城を一望する上層階には、地産の食材を使う鉄板焼きやカフェレストラン、プライベートルームなども備える。
リゾートトラストが手掛ける同ブランドとしては第二弾となる。ホテルへ一歩足を踏み入れたときの「新しい物語が始まるような予感」をドラマティックに演出するとしている。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 000000000005.jpg です

■横浜ベイホテル東急(横浜市西区)では10月15日より、ディナーブッフェ ナイト・キッチンスタジアム「ワールドブッフェ」を開催する。
場所は、2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」で、ラグビーにゆかりのある世界の料理を、ディナーブッフェで楽しめる。人気の「アクションコーナー」では、「ニュージーランド産 ローストビーフ」が登場。低温調理で柔らかく焼き上げた肉を、お客の目の前でカッティングして提供。その他、ロシアの伝統的な料理「ボルシチ」やベルギーの郷土料理「牛肉のビール煮」なども用意。また、ラグビーワールドカップ開催を記念して、ワールドワイドパートナーであるハイネケンが、抽選キャンペーンを開催する。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 0000000000011.jpg です

■フォーシーズンズホテル丸の内(都内千代田区)では10月15日より、「シャネル」の名作フレグランス「ガブリエルシャネル」の世界観を表現したアフターヌーンティーを提供する。
「ガブリエル シャネル アフタヌーンティー アット フォーシーズンズ」は、繊細なデザインのスイーツと、食材本来の味を活かしたセイボリーで構成し、コーヒーや紅茶など様々なドリンクを揃える。7階 MOTIF RESTAURANT & BARで11月15日まで。

■グランドプリンスホテル広島(広島市南区)では、ラグビーワールドカップ開催記念ビールフェアを開催している。
ワールドワイドパートナーであるハイネケンのビールと、ラグビールーツ国の英国ダブリンにて生まれたギネスビールを特別価格でレストランにて提供する「ビールフェア」。広島はラグビーワールドカップの開催地ではないが、開催都市の関東・関西と九州の間にあり、期間中に大会観戦に訪れた訪日外国人客が観光を目的に立ち寄るといわれている。ラグビーの海外サポーターにもホテルでの楽しみとしてラグビーワールドカップにちなんだ「ビールフェア」を案内する。

■米・カリフォルニア州のゲートウェー・ファウンデーションが、2027年に宇宙ホテルのオープンを目指しているという。
宇宙空間に浮かぶ巨大な車輪のようなホテルの建設構想で、24のモジュールで構成され、最大450人まで収容できる。館内はSF映画のように無機質な空間ではなく、カーペット敷きの客室やシックなバーなど、どこか地上を思わせるデザイン。宇宙ならではのアクティビティも用意し、ホテルの中は地上より重力が小さく、高く飛んだり、重い物を持ち上げたりすることができるので、ひと味違ったバスケットボールなどが楽しめるという。2025年打ち上げ、2027年の本格オープンを目指す。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 000000000006.jpg です

■米・ハワイに、日本の興和が新たなブランド「エスパシオ」を冠したホテルを開業した。
同ホテルは12階建てで計9室。各フロアには210平方mの超高級スイート1室のみ。屋上の専用プールからは目の前のワイキキビーチが見下ろせる。1室1泊最低5,000ドルからで、季節に応じて価格を設定するという。同社が海外でホテルを展開するのは初めて。以前は88室あった物件を同社が2013年に買収後、改装した。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
ベッド 和室
デュベスタイル ベッド 旅館 サータ
大きいサイズ ベッド
 ベッドスロー サータ バスローブ ホテル
━━━━━━━━━━━━━━━━

-ホテル業界ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ホテル旅館観光業界ニュース20201106

■センチュリーロイヤルホテル(札幌市中央区)では、伝統品種のキャベツ「札幌大球」を使用した応援メニューを販売する。 場所は、スカイレストラン「ロンド」(23階)・日本料理「北乃路」(19階)・朝食ビュ …

ホテル旅館観光業界ニュース20200113

■Rakuten STAY MOTEL 日光鬼怒川(栃木県日光市)がオープンした。 鬼怒川温泉駅から徒歩約10分の立地。広さ99.99平方mで定員7名のコンセプトルーム、広さ49.93平方mで定員5名 …

ホテル旅館観光業界ニュース20210129

■ヴィアイン新大阪(大阪市東淀川区)では、駅弁がセットとなった宿泊プランを販売している。ビジネスなどで大阪で宿泊する際に外出を控えたい、近隣で少しでも旅気分を味わいたい等という現在の需要に向けて、スタ …

ホテル旅館観光業界ニュース20201206

■ホテルリブマックス池袋駅前(都内豊島区)がオープンした。客室は、シングルルーム(定員2名)のみで55室。全室に空気清浄機・電子レンジ・無料Wi-Fiなどを完備した。館内施設には、禁煙ルーム・自動販売 …

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190605

■フェアフィールド・バイ・マリオット札幌(札幌市中央区)が来年5月にオープンする。 「札幌東武ホテル」がリブランドオープンするもので、「フェアフィールド・バイ・マリオット」ブランドとしては日本初進出と …