インテリア

ベッドの高さについて ホテル・旅館の事例に学ぶ使い方。

投稿日:2022年2月26日 更新日:

本日は、ベッドの「高さ」について、家庭用ベッドとホテルベッドの使い方の違い等も含め、少しみてみたいと思います。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
ベッドの高さは、使い方で考える

最近、お客様がホテル仕様のベッドをご購入なされる際、「ベッドの高さは変更可能ですか?」というご質問を受けることがあります。

ホテルのベッドでは、通常、床からマットレス上面までは大体約50センチ程度というのが一般的です。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
ホテルベッドの高さ

ホテルで「ベッドの高さ」とは?

ではここで、ホテルのベッドの使われ方の特徴をみてみましょう。

ホテルの客室というのは、自宅でいうと、ベッドルーム、兼、リビングルームという位置付けです。そのため、皆さんもホテルに宿泊された際、ベッドの上に腰掛けることって多くないですか? いきなりベッドの上に横になって寝るというよりも、まずはベッドの上に腰掛けたりしませんか ?

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドの端に座る

自宅では、寝室は寝室、リビングはリビングですので、腰掛けるのは基本的に椅子やソファで、ベッドの上に座って長時間過ごすということは少ないかもしれませんが、ホテルでは、客室の中に占める割合からいうと、ベッドが、そのかなりの部分を占めますので、ベッドが椅子やソファ代わりになることも多いのです。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドに寝るより先に腰掛ける

また、通常、ホテル客室では、ベッドの前にテレビ画面が設置されていますよね。最近のテレビは、地上波だけでなく、衛星放送やCS放送、NETFLIXなんかも見れたりして、ホテルによっては、テレビ画面で、そのホテル館内の情報をチェックしたり、ホテル周辺の色々な観光情報などを見たり、あるいは、チェックアウト作業までテレビ画面で出来てしまう場合もありますよね。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドでテレビを観る

すると、おのずと、ホテルでは、ベッドの上に腰掛けて座っている時間が長くなります。ベッドに腰掛けて、テレビの画面を操作することもあるでしょうし、ツインルームやトリプルルームなどですと、各自、ベッドの上に腰掛けて、話をしたり、軽食を食べたり、談笑することもありますよね。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドで談笑する

さらに、ベッドの上で仕事をしたり、ルームサービスを注文して、ベッドの上で朝食や夜食をとるなんてこともありますよね・・・。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
ベッドがワーキングスペース

自宅のベッドとホテルのベッドの「高さ」の捉え方の違い

そのため、ホテルでは、ベッドの「高さ」というのは、寝るための「高さ」だけでなく、腰掛けて座るための「高さ」、くつろぐための「高さ」・・・も重要ということになります。自宅の場合は、ベッドの「高さ」というと、基本的に、寝る際に、ベッドの上に上がる時の「高さ」や、寝室インテリアとしての見栄えの「高さ」等が主に重視されますが、ホテルでは、少々事情が異なるのです。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドに腰掛ける

ホテルのベッドは、床からマットレス上面まで大体約50センチ程度というケースが多く、デスクチェア(椅子)の一般的な座面の高さ(シートハイ)が約40センチ程度ですから、椅子よりも少し高めという感じです。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
ベッドの高さと椅子の高さ

(海外のホテルでは、椅子もベッドも日本より高めのケースが多いです)

ご自宅の寝室にホテルベッドをご導入されるお客様が、ご高齢のお客様や、足のお悪いお客様などの場合、「ベッドの上に、上がりにくいので、低いベッドが希望・・・」と仰られる事例もありますし・・・

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
高齢者の人にも優しいベッドの高さ

逆に、「寝室をスイートルームの様にゴージャスにしたいので、ベッドの高さが欲しい・・・」という事例や・・・

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ゴージャスなベッドの高さ

あるいは、ベッドの下をルンバなどのお掃除ロボットで機能的にお掃除したいので、ベッドの下の空間を確保したいと仰られる事例とか・・・

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
お掃除ロボットが使えるベッド

あるいは、「和室にベッドを置きたいので、全体的に、低い空間にしたい・・・」と仰られる事例など・・・

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
和室にベッド

お客様のご状況によって、ご要望は、さまざまです。

ホテルのベッドを高くする方法

高級ホテル仕様のベッドの高さを変える方法は、実は、いくつかあるのですが、本日は、単純に、ベッドの脚部を変えることで、高くしたり低くしたりする方法について簡単にご説明したいと思います。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドの脚部

通常、ホテルのベッドの脚部は、ベッド一台に対して、固定脚 x 4個と、キャスター x 2個です。ベッドの頭側がキャスターとなり、日々、ベッドメイクの際、ベッドメイキングの担当者が、ベッドの足元を少し持ち上げて、キャスターを支点にして、少しベッドを動かしてからベッドメイクし易い様に設計されているためです。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドメイキング

通常、ホテルベッドの下部のボトム(土台)は、こんなボックス型の形状で、中にコイルが組み込まれています。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
ボックススプリングボトム

そして、底には、固定脚・キャスターが付いていて、固定脚・キャスターの高さは、70mm(7センチ)Hです。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
ボックススプリングボトムの固定脚

これよりも少し高くするには、100mm(10センチH)の固定脚・キャスターを使います。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
100mmHの固定脚

そうすると、当然ながら、3センチほど全体が高くなります。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
100mmHのキャスター

たった3センチ?と思われるかもしれませんが、いつも寝たり座ったりしているベッドが3センチほど高くなると、あれ?と思う感じでわかるものです。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
生活に適したベッドの高さ

また、お掃除ロボットの業界で7割以上のシェアを誇るルンバの高さは約92mm(9.2センチ)H。ベッドの下が70mm(7センチ)Hであるのと、100mmH(10センチ)Hであるのでは、お掃除ロボット達にとっても異なってくるのです。

(床(カーペット等)の状況によっては10センチHでも通らない場合もありますのでご注意下さい)

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドとお掃除ロボット

ホテルのベッドの固定脚・キャスターは、素手で抜き差しできますので、交換も可能です。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
固定脚の交換

(奥までしっかり入っている場合、抜きにくい場合があります。)

ホテルのベッドを低くする方法

それでは、逆に、ホテルベッドの高さを低くする方法についてご説明します。

思いきって、脚部(固定脚・キャスター)を外して「無し」にしてみます。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
脚部を外したボックススプリングボトム

脚部が無くても大丈夫・・??と思われるかもしれませんが、実は、実際の大手ホテルの和洋室や、高級旅館の和モダンルームでも、実際に、ベッドの脚部を無しにして、全体を低くして使われている事例が多々あるのです。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
脚部を外した高級旅館の和モダンルーム事例

通気性についてのご質問を受けることもあるのですが、ホテルベッド下部のボトム(ボックススプリングボトム)は、単なる箱ではなく、中にコイルが組み込まれていて(少しクッション性があり)、四方周囲は平織の布で覆われていますので、上のマットレスから受ける体圧は、ボトムの四方から抜ける構造になっていますので、通気性の問題も全くありません。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
通気性が抜群なホテルベッド

しいて言えば、ボトムと床の接地面に埃が溜まり易くなるため、少しこまめなお掃除が必要であることと、床がフローリング等、繊細な仕様の場合には、ボトムの下に何か簡単な充て布等を敷かれた方が良いという点です。

ベッドの高さは、使い方で考える。ホテル/旅館の事例に学ぶ
脚部がない場合の床との接地面

脚部が無くても、ボックススプリングボトムのクッション性や通気性は保たれますし、それによる、上のマットレスの業務用としての耐久性も、脚部がある場合と無い場合で変わることはありません。

マットレスの違い

もちろん、ベッドの「高さ」は、脚部やボトム(土台)だけでなく、当然ながら、上のマットレスの厚み(高さ)によって大きく変わります。大手ホテルの一般客室でこれまで最も多く採用されている「ポケット標準タイプ」や「ポケットハードタイプ」の場合は、マットレス表面の「ピローソフト仕様」の「片面仕様」か「両面仕様」か「無し」か、等の仕様によっても異なりますし、

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ポケットハードタイプ高級ホテルベッド

スイートルーム仕様の「パーフェクトスイート」や「ライトブリーズピローソフトホテル」や「グランドプレミアムホテル」の場合は、さらに厚く、全体高は、70センチ程度に達する、とても高さのあるベッドとなります。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
グランドプレミアムホテル最高峰ホテルベッド

もし、ご希望の、ベッドの高さがおありでしたら、ご希望の高さによって、ご提案致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドの高さはご希望に合わせて

まとめ

マットレスが同じ種類・仕様であるという条件のもと、ベッド全体の高さを変える方法としては、上記の「脚部の高さを変える」方法と、脚部を無しにする方法と、実は、それ以外にもあるのですが、今回は、脚の部分に的を絞って簡単にご説明させて頂きました。

ホテルのベッドの高さやマットレスの厚みについて
ベッドの使用方法によって変わるベッドの高さ

ご質問やお問合せは、「一流ホテルのベッド」サイトよりお気軽にどうぞ。

最後までご覧いただき有難うございました。

━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご参照 ホテル商品のご紹介
ホテル ベッド ホテルシーツ 羽毛布団(ホテルベッドカバー) ホテル枕
和室ベッド
デュベスタイル 旅館マットレス サータ
大きいサイズのマットレス
ベッドスロー ホテル バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-インテリア

執筆者:

関連記事

ホテル仕様の大きいサイズのベッドで、超大きなマットレスや寝具を実現する!

ホテルのベッドで、自宅でも、ダブルルームやトリプルルーム・フォースルーム・・・キングサイズやクイーンサイズより、もっと大きなマットレスや寝具を実現します。 https://prtimes.jp/mai …

ブティックホテルのベッドとは? デザイナーズホテルのマットレス、業務用ベッド寝具の比較

ブティックホテルって聞いたことがありますか? ブティックホテル(デザイナーズホテル) 昔、デザインホテルとかデザイナーズホテルという言葉がよく使われていたのですが、最近は、この「ブティックホテル」とい …

ホテルのベッドでマットレスの下にある「ボックススプリングボトム」と「スチールボトム」の特徴・違いとは??

ホテルに泊まって、寝心地の良いベッドの下を覗いて見たことってありませんか ? ホテル客室のベッドの下部ボトム(フレーム)には、一般的に、「ボックススプリングボトム」というボトムと、「スチールボトム」と …

羽毛布団とデュベカバーのサイズ関係はどうなってる?ホテル独特の寝具「デュベ」

以前のページで、ベッドのサイズとデュベカバーのサイズ関係について、少しご紹介させて頂きました。ベッドの横幅に対して、デュベカバーはどの程度が適切か・・・という内容でした。 https://blog.b …

なぜホテルの客室では、ベッドの頭の部分の「ヘッドボード」がベッドと分離しているの?

今日は「ヘッドボード」についてです。 ホテルに泊まると、よく見かける、 ベッドの頭元にある板状の「ヘッドボード」。 この「ヘッドボード」、一般の家具店やホームセンターで見かけるベッドでは、ベッド本体に …