ホテル業界ニュース

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190106

投稿日:


■軽井沢マリオットホテル(長野県北佐久郡)では、ヒーリング効果の高い、ひのきを五感で楽しむ宿泊プランを販売している。
ひのきの香りに包まれる温泉ステイやディナーを味わいながら、ひのきを様々な形で楽しめる宿泊プラン「Hinoki Healing(ヒノキ ヒーリング)」で、森林浴と同じようなリラックス効果をもたらすひのきの香りを体験できる。
客室では、オリジナルひのきグッズを温泉に浮かべ、ディナーでは地元信州の素材を薫り高いひのきでスモークした逸品を味わえる。また、ひのき製リボンなど、オリジナルのプレゼントも用意した。3月31日まで。

■京都新阪急ホテル(京都市下京区)は1月18日、レストラン「ブールヴァール」をリニューアルオープンする。
柱やフローリングを木目調に仕立てるほか、ソファ席も新たに設けてくつろぎやすいしつらえにする。グループでの会食に適した半個室のグループゾーン(最大18人収容)も新設する。記念特典で1月18~20日までランチビュッフェやディナーのメイン料理を注文するとワインを1杯100円で提供する。

■星野リゾートBEB5軽井沢(長野県北佐久郡)が2月5日にオープンする。
“仲間と「ルーズ」に過ごせるホテル”をコンセプトに、自由で気ままな滞在スタイルを提供する。それを象徴するのが「TAMARIBA(たまりば)」。屋内のカフェとライブラリー、屋外のテラスをひとつの空間としてとらえる特徴的なスペース。壁一面が窓になっている屋内とウッドデッキの屋外との間には段差がなく、解放感抜群。自由に行き来でき、どこで食事しても読書してもOK。
客室は、YAGURA Room、Twin Room、ユニバーサルルームの3種類。中でも注目はYAGURA Roomで、室内にはその名の通り櫓があり、その上段にベッド、下段にソファスペースが設けられている。秘密基地のようなプライベート感を楽しめる。無料Wi-Fi完備。

■トリップアドバイザーは「外国人に人気の日本のホテルと旅館2018」を発表した。
過去1年間に同サイト上に日本語以外の言語で投稿された口コミをもとに集計。旅館は大都市部から入選する一方、群馬県・四万や静岡県・伊東など地方部が躍進した。
ホテルランキングのトップ20では、1位に「クラブメッド北海道トマム」、2位に「ザ・リッツ・カールトン東京」、3位に「大阪マリオット都ホテル」と続き、6軒が初登場し、 13のホテルが2年連続で入った。特に東京・大阪・京都・北海道と人気観光スポットから選ばれた。旅館ランキングも6軒が初登場。全国各地の観光スポットの旅館が広く選ばれた。

■ホテル&コンドミニアム一花(北海道富良野市)がオープンした。
ワイナリーが手掛けた宿泊施設で、コンセプトは「ワイナリーを訪れたゲストのための別荘」。シーズン中は、近隣のスキー場まで無料送迎バスを定期運行する。館内施設には、山荘をイメージしたビストロ「閑坐-KANZA-」、直営ワイナリーの各種ワインやコーヒーが楽しめる「ライブラリーラウンジ」、男女別大浴場などがある。
客室は、ツイン・トリプル・スイートなど全33室。一部の客室にはキッチン・ダイニングテーブルを設置した。夕食には、北海道産の食材に拘ったアミューズからデザートまで、全6品のフレンチコース料理などを用意。朝食には、北海道産ハムやミートローフなどのコールミートや、地元工房「プレスキル」で作ったチーズ料理などを提供する。

■(仮称)浅草ビューホテル別邸”HAKARAI”(都内台東区)が2020年春にオープンする。
外観は、浅草六区の歴史・文化・地区の街並み景観と一体となったデザインをコンセプトとし、建物オーナーである松竹の全面協力を得て、歌舞伎をコンセプトに加え、「和」を意識した地域密着型のホテルを目指す。
建物の内、上部の9~10階はペントハウスとして「開放窓」と「パネル」を組み合わせ、軽やかなデザインとした。主階部の3階~8階は縦のラインを基調とした外壁構成とし、「六区ブロードウェイ」に面する基壇部の1~2階には「ポルティコ/列柱回廊」を設け、浅草六区を訪れる人々に与える「美」と「安らぎ」を「アールデコデザイン」で表現したという。

■フェラガモ一族が運営するホテルが2020年秋、イタリアにオープンする。
フェラガモ一族が保有するホテル運営会社ルンガルノ・コレクションが、ミラノに初めてホテルをオープンするもので、コルソ・ベネチア通りにある16世紀に建てられた神学校の歴史的な建物を改修し開業する。ホテルは、ルンガルノ・コレクションがフィレンツェとローマで展開しているラグジュアリーホテル「ポートレート」シリーズになる。
宿泊施設に加え、ショッピングアーケードや飲食店、フィットネスセンターなどが併設される計画で、回廊に囲まれた約3000平方mの広大な中庭に造られる。改修工事は、建築家のミケーレ・デ・ルッキが担当する。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
大きなサイズ ベッド ベッドスロー デュベスタイル バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-ホテル業界ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ホテル旅館観光業界ニュース20191021

■「酒蔵ホテル」が計画されている。 長野県のクラビトステイが計画しているもので、長野県佐久地域に13ある日本酒の酒蔵を生かした地域づくりを構想。主なターゲットは外国人の富裕層。2泊3日で酒蔵に滞在し、 …

ホテル旅館観光業界ニュース20190803

■茶室ryokan asakusa(都内台東区)がオープンした。 露地に見立てたエントランス、足湯のできる待合、にじり口を彷彿とさせる小さな扉から入る客室など、茶室の構成要素をモチーフにした空間設計と …

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190413

■富士スピードウェイに米・ハイアットが進出する。 2022年度に開業の予定で、ホテルのブランド名は日本初となる「アンバウンド コレクション by Hyatt」。ホテル名は未定。45平方m以上の客室が約 …

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190605

■フェアフィールド・バイ・マリオット札幌(札幌市中央区)が来年5月にオープンする。 「札幌東武ホテル」がリブランドオープンするもので、「フェアフィールド・バイ・マリオット」ブランドとしては日本初進出と …

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190420

■ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル(横浜市西区)に、新元号「令和」のショコラが登場する。 改元を祝して、ホテルのショコラティエが作る新元号「令和」を印字した、ゆず、ほうじ茶、日本酒の和テイ …