ホテル業界ニュース

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190220

投稿日:

■アマン京都(京都市北区)が11月に開業する。
京都市北区の鷹峯地区に建設。敷地面積は約2万4000平方m。リビングルームやダイニングルームを備えたヴィラ形式の2つの宿泊施設と4つの宿泊棟(24室)の他、レストラン棟、スパ棟、フロントなどが入る棟がある。価格帯は2014年に開業した「アマン東京」よりも高めに設定する。宿泊客の半分以上は欧米やアジアからのインバウンドを見込む。国内では東京、伊勢志摩に続く3つ目のホテルとなる。

■ホテルユニバーサルポート(大阪市此花区)に3月3日、新コンセプトルーム「Girlyルーム」が登場する。
おしゃれに敏感で、好奇心あふれる大人ガールたちのためにつくられた、新しいコンセプトルームで、コンセプトは、「邸宅の一室にあるワードローブ(衣裳部屋)」。室内には、愛らしいピンク色を基調とした小物が並び、煌びやかなシャンデリアが目を引く。また限定アメニティとして、「すべては女の子の”かわいい”のために」をブランドコンセプトとする「JILLSTUART」 のバスアメニティや、フェイシャルスチーマー、マイナスイオンドライヤー、マッサージクッションなど、女性向けのアイテムを揃えた。癒しと寛ぎの空間で、心ときめくぜいたくな女子会ステイが楽しめる。さらに、「Girlyルーム」誕生初日は、1日限りのひな祭り特別宿泊プラン(朝食付)を用意。ロゼスパークリングワイン&ウェルカムスイーツが客室に届き、スイートな時間を過ごせる。

■東京ベイ潮見プリンスホテル(都内江東区)が2020年7月にオープンする。
ホテルの名称は、東京ベイエリアの魅力を世界に発信していきたいとの思いを込め「東京ベイ」を、ホテルの位置する「潮見」に付加し、「東京ベイ潮見プリンスホテル」とした。
客室は全605室、この内500室を占めるツインルームは最大4名が利用できるフォースルームに変更でき、子供用2段ベッドを設えた4名定員の2段ベッドルーム(10室)、3名定員のキングルーム(94室)等と合わせ、ホテル全体での最大受入人数は2,324名。
ホテルの位置する潮見はJR京葉線の「東京駅」と「舞浜駅」の中間地点に位置するため、周辺観光施設を訪れる観光客や、周辺大型イベント施設に訪れる多くのビジネス客の利用を見込む。さらに、潮見の位置する東京ベイエリアは、東京都の東京ベイエリアビジョン(仮称)でも、日本の今後の成長を創り出す場所として注目され、またJR東日本の進める羽田空港アクセス線構想の実現により、空港へのアクセスが飛躍的に向上することも想定され、発展を遂げるエリアとして期待されている。

■ウェスティンホテル仙台(仙台市青葉区)では、食用花の鍋料理「フルール ド フォンデュ」の販売を開始する。
同ホテルでは、今春のテーマを「Couleur(クルール/色彩)」とし、彩り豊かに芽吹く春の色をイメージした特別なひとときを提供する。その一環として、レストラン「シンフォニー」で、ユニークなエディブルフラワー(食用花)の鍋料理「フルール ド フォンデュ」を販売する。
同メニューは、仙台名物のセリ鍋、南フランスのブイヤベース、ベトナムで人気の花鍋の3種の鍋からシェフが着想を得たオリジナルの料理で、エディブルフラワーや野菜、魚介をオマール海老の香り高いブイヤベースの出汁で味わうもの。歯ごたえのあるセリや菜の花は初々しい苦味が春の香りを醸し、さらに添えられたエディブルフラワーの豆乳コラーゲンゼリー寄せを加えることで、コクのあるまろやかな風味になったスープを楽しめる。また、最後まで鍋を味わいたい人は追加料金でタリアテッレまたはひとめぼれ米をスープとあわせ鍋を締めくくることもできる。華やかで栄養素を多く含んだヘルシーな鍋料理。

■U-MUI Forest Villa Okinawa YAMADA GUSUKU(沖縄県国頭郡)では、全室に高級輸入車が付帯するというサービスを開始する。
5月1日にオープンする同ホテルでは、エクセルレンタカー沖縄と提携し、全室に高級輸入車が付帯するというサービスをおこなう。沖縄観光の課題として、空港からレンタカーを利用する際、手続きに長い時間を要することがあげられることから、宿泊客を対象に、那覇空港からホテルまでの送迎サービスのほか、全室にBMW MINIやレンジローバーなど、高級輸入車を無償で付帯するという。
同ホテルは、全18室のヴィラタイプホテルで、「お客様自身のリズムで過ごせるホテル」をコンセプトに、食事や飲物を営業時間内の好きな時間帯に利用できるラウンジレストランなどを用意する。

■米・ルイジアナ州の教会が、ホテルとして生まれ変わった。
「Hotel Peter & Paul」がそれで、ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会がホテルとして再生した。ひとつひとつの部屋のインテリアにこだわり、4年という月日をかけて慎重にリノベーションされたという。ニューヨークのインテリアデザイナーASH NYCが手がけた部屋もあり、それぞれの客室の内装が異なり、人間味のある教会の雰囲気を生かした、温かみのあるデザインとなった。

━━━━━━━━━━━━━━━
ベッド ホテル シーツ ホテル ベッドカバー ホテル 枕 ホテル
大きなサイズ ベッド ベッドスロー デュベスタイル バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-ホテル業界ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ホテル旅館観光業界ニュース20201230

■フクラシア大阪ベイ(大阪市住之江区)では、客室と隣接する個室(談話室)を貸し切り「キッズルーム」や「シアタールーム」として利用できる宿泊プランを販売している。「KIDsルームプラン」は、小さな子供連 …

ホテル旅館観光業界ニュース20210327

■Zentis Osaka(大阪市北区)では、最長3か月間利用できる長期滞在プランを販売している。同ホテルは、人、ビジョン、価値観、アイディアといった「新しい何かとの出会い(Encounters of …

ホテル旅館観光業界ニュース20220106

■ANAクラウンプラザホテル(秋田県秋田市)がオープンした。JR秋田駅前の「秋田ホテル」が名称を変えてオープンしたもので、今年4月に旧秋田ビューホテルから長野県でホテルやスキー場を経営する「アビラ」に …

ホテル旅館観光業界ニュース20200326

■御宿 瑞鷹(静岡県熱海市)がオープンした。 旧「ホテル東横」がリブランドオープンしたもので、全38室ある客室の内、「露天風呂付和室+ベッドルーム」「露天風呂付特別室モダンベッドルーム」「和洋室モダン …

ホテル旅館観光業界ニュース20210318

◇皆様こんにちわ、業界ニュースクリップ版をお届け致します。 ■スイスホテル南海大阪(大阪市中央区)では「アフタヌーンティー with日比谷花壇」を開催している。同ホテルで客室の装飾などを手掛ける日比谷 …