ホテル業界ニュース

ホテル旅館観光業界ニュース20210423

投稿日:2021年4月23日 更新日:

■シックスセンシズホテルズリゾートスパ(北海道虻田郡)が2024~25年に開業を予定している。
「インターコンチネンタル」などを展開する英ホテルチェーンのIHGホテルズ&リゾーツが同社の最上級ブランドホテルとして計画しているもので、ホテル開発は東京の不動産業ウェルス・マネジメントが手掛ける。同社は昨年12月、IHGとホテル運営の委託契約を締結した。建設予定地は、ニセコ地域最大のスキー場「ニセコグラン・ヒラフ」の南東約700m。ウェルス社と同社が出資する特別目的会社が土地の権利を取得した約11,000平方mに建設するという。規模は100室未満に絞った高級施設となる見込み。

■ヒルトン大阪(大阪市北区)では、いちごデザートビュッフェ「ストロベリーティーパーティ~ダンスwithバレリーナ~」を開催している。
エレガントでキュートなバレリーナからインスピレーションを受けたロマンティックなティーパーティーをイメージして開催。プリマの軽快なダンスのように、心躍るデザートタイムを楽しめる。約25種のデザート以外に、味わい深い「ヒルトン大阪ビーフカレー」やバジル風味の「トマトパスタ」、黒胡椒・パルメザン・カレーと3種の味が楽しめる「ポップコーン」など合計6種の軽食もビュッフェに含まれる。5月16日まで。

■帝国ホテル大阪(大阪市北区)では「長期滞在プラン」を販売している。
自宅や会社とは別のサードプレイスとして、同ホテルが生活や仕事の拠点となり、新たなライフスタイルを提案できればと企画されたという「長期滞在プラン」。帝国ホテル東京で登場した際には、大きな話題を呼び、発売から間もなく完売となった。大阪では、レギュラーフロアスタンダードとレギュラーフロアスーペリア2種類、計25部屋を用意。1室2名まで利用でき、料金は、レギュラーフロア スタンダードで30泊 315,000円、5泊 95,000円。レギュラーフロアスーペリアで30泊 390,000円、5泊 110,000円。全てのプランに共通して、Wi-Fi無料使用、会議室やワークステーションが無料で利用できるなどテレワーク利用者向けのワークスペースも設けられる。加えて、館内のレストラン、室内リラクセーション、プール、サウナといった施設がお得に利用できる特典も用意されているという。7月31日まで利用可能。

■ホテルグランバッハ東京銀座(都内中央区)が11月30日にオープンする。
京都、熱海、仙台(今夏開業)に次ぎ、東京では初の進出となる。音楽の父J.バッハが抱いた「音楽」と「家族」への念いおもいのように、お客様ひとりひとりに喜ばれるサービスを提供したいという念いをホテルの名に冠した同ホテル。狩野派が伝統を紡いだ銀座の地で出会う「健やかな日常」への想いも込め、家族のような温かさで、「喜ばれる”おもい”」にあふれたホテルを目指す。静謐な環境での癒される音と音楽を感じてもらうため、客室や館内の音色にもこだわった。チェックイン時は2Fラウンジに設置したピアノヤマハ「S6XENPRO」がバッハの名曲を奏でてお出迎え。一つ一つ研ぎ澄まされた音が作り出す温かいハーモニーが広がる。全客室には高音質なヤマハ「サウンドバー」を設置。館内で開催するサロンコンサートを客室でも鑑賞できる企画等を通じて、ホテルの体験をより豊かにする。15階建て、客室数144室。また、開業を記念し、鎧塚俊彦氏監修の スイーツ等が楽しめる「開業記念特別プラン」を販売する。

■日本電気(NEC)は、サテライトオフィスとして活用できるホテルを企業に紹介する「ホテルワークスペースマッチングサービス」の提供を開始する。
エリア・部屋数などの企業の要望に合わせて、同サービスに参加する首都圏のホテルからサテライトオフィスとなる客室を紹介。また、ホテルの空室検索や予約が可能な専用のスマートフォンアプリも提供する。働き方の変化とホテル業界における宿泊客の減少を受け、従業員の多様な働く場所の確保とホテルにおける客室稼働率の向上という課題を解決できる同サービスを開始したという。また、同サービスを利用する企業の従業員向けに、契約ホテルの空室検索や予約が可能な専用のスマホアプリを提供。一部ホテルでは、利用当日にホテルフロントにあるタブレットから顔認証またはQRコードによる非対面でのチェックインを行えるという。

■杉乃井ホテル(大分県別府市)に7月1日、新館「虹館」が開業する。
建物は地上8階建てで、水着着用の屋内プール「アクアビート」に隣接。客室は2階から8階部分に155室備えており、2名から4名で宿泊できるツインルーム、ダブルルーム、メゾネットタイプのロフトルーム、2段ベッドを配したファミリールームなど全5タイプを設ける。客室デザインは別府の海と山、咲き誇る花をモチーフにしつつ、赤、橙、緑、青などカラフルな家具やデザインを取り入れた。1階のロビーラウンジには、自動チェックイン機やロッカーなどを用意。また、2025年の全面完了を目指して実施中の大規模リニューアルの一環として、ロゴのデザインもリニューアルしているという。7月1日から9月30日までの宿泊分を対象に、2食付き2名1室利用で1人15,800円から販売。10月以降の予約は、準備ができ次第受け付けを開始するという。

━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご参照 ホテル商品のご紹介
ベッド ホテル シーツ 羽毛布団(ベッドカバー) 枕(マクラ)
和室ベッド
デュベスタイル 旅館マットレス サータ
大きいサイズのマットレス
 ベッドスロー バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-ホテル業界ニュース

執筆者:

関連記事

ホテル旅館観光業界ニュース20211101

■ホテルウィングインターナショナル高松(香川県高松市)がオープンした。開放的なロビーに設置された格子枠やベンチシートには木の素材を使用、和の雰囲気を演出した。客室にも随所に木の温かみが感じられるデザイ …

ホテル旅館観光業界ニュース20200706

■星野リゾート OMO5 東京大塚(都内豊島区)では、宿泊プラン「都電Roomステイプラン」を販売している。 ホテルに滞在しながら、街のシンボルである都電荒川線を身近に感じられるサービスを提供する。都 …

ホテル旅館観光宿泊業界ニュース20190521

■リーガグラン京都(京都市南区)が来年7月に開業する。 リーガロイヤルホテルグループが京都で初めて展開する宿泊主体型ホテル。京都JA会館が京都市南区に建設中の複合ビル「(仮称)JAグループ京都新ビル」 …

ホテル旅館観光業界ニュース20200919

■ハレクラニ沖縄(沖縄県国頭郡)では、7月26日に開業1周年を迎えたことを記念し、「開業1周年特別ご宿泊プラン」を客室数限定で販売している。 同プランには、ハレクラニブティックでも人気のオリジナルマグ …

ホテル旅館観光業界ニュース20200407

■東急ステイ飛騨高山結の湯(岐阜県高山市)が開業した。 JR高山駅東口至近で、地上9階建て、客室数は212室。東急ステイは首都圏をはじめ、広めの客室、キッチン付きなど、暮らすように泊まるをコンセプトに …