インテリア

メイキングシーツとは? ホテルの部屋で使われているフラットシーツの仕組みを徹底解説

投稿日:2022年12月20日 更新日:

皆さん、普段、ご家庭ではどんなシーツをお使いですか?

真っ白いシーツでパリッとベッドメイクされたベッドは、清潔感があって、とても気持ち良いですよね。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
張りのあるホテルのシーツ

ホテル仕様のシーツには、大きく分けて、フラットな「メイキングシーツ(フラットシーツ)」、箱型になった「ボックスシーツ」、身体の上にくる「アッパーシーツ(トップシーツ)」の三通りがあります。
それぞれ少し見てみたいと思います。

メイキングシーツ

フラットな「メイキングシーツ(フラットシーツ)」は、一枚物のフラットなシーツで、マットレスをくるむようにしてベッドメイキングします。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
フラットシーツ

厳密には、マットレスの上に先に敷いた「ベッドパッド」も一緒にマットレスと包み込んでベッドメイクします。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
ベッドパッドも一緒に包み込むシーツ

裾はマットレスの四方の下部に巻き込む様にしてベッドメイクします。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シーツの裾はマットレスの下に

ボックスシーツ

箱型になった「ボックスシーツ」は、フラットな「メイキングシーツ(フラットシーツ)」と同じく、ベッドパッドとマットレスを包み込んでベッドメイキングするのですが、シーツの形状がフラットではなく、マットレスと同じ様な形状の、箱型になったシーツです。裾にゴムが入っているので、ベッドメイクがし易いシーツです。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
ゴムの入った「ボックスシーツ」

「ボックスシーツ」は、実際のホテル客室ではあまり用いられませんが、家庭では、使い勝手の面からも大変人気の高いシーツです。尚、フラットなメイキングシーツの場合は、多少サイズが異なっていても、マットレスを包み込めますが、箱型になった「ボックスシーツ」の場合は、四隅の角がありますので、サイズに注意が必要です。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
ボックスシーツ

アッパーシーツ

また、「アッパーシーツ」とは、寝た時に、身体の上にくるシーツで、シーツの襟元を折り返して、ベッドカバーが汚れるのを防ぐことが出来るシーツで、「上掛けシーツ」とか「トップシーツ」等とも言います。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
襟元のアッパーシーツの折り返し

ベッドメイクした際、襟元にアッパーシーツがのぞきます。

英語で「シーツ」は何という?

ちなみにですが、シーツは、英語で書くと「sheets」と複数形です。単品を指す場合は「a sheet」と単数形になります。でも日本語では、単数でも複数でも「シーツ」と言って、「シート」とは呼びませんよね。「シート」いうと別の物になってしまいます・・。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シーツは英語で何という?

また、箱型の「ボックスシーツ」のことは、英語では、「box sheets」とは言わず、「fitted sheets」と言って、マットレスにフィットするシーツ、つまり、マットレスにぴったり合うように作られたシーツという意味です。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シーツは英語で何という?

また、フラットなメイキングシーツのことはまさに「flat sheets」といいます。
そして、アッパーシーツのことは「top sheets」といいます。対義語は「bottom sheets」になりますが、身体の上にくる「上掛けシーツ」という意味でも、わかりやすい様に「top sheets」と呼ばれています。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シーツは英語で何という?

それでは、今回は、フラットな「メイキングシーツ(フラットシーツ)」について、少しみてみたいと思います。

フラットな「メイキングシーツ」のメリット

一般的に、ベッドのマットレスのサイズとしては、シングルサイズ、セミダブルサイズ、ダブルサイズ、クイーンサイズ・・・等、色々とありますが、フラットなシーツのメリットのひとつとしては、「多少サイズが異なっていても使える」という点です。

たとえば、「PSシングルサイズ」のマットレスと、「セミダブルサイズ」のマットレスがあるとします。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シングルサイズとセミダブルサイズのマットレス

「PSシングルサイズ」の「マットレス」のサイズは、「横幅 970mm x 長さ 1,960mm」で、「セミダブルサイズ」のマットレスのサイズは、「横幅 1,220mm x 長さ 1,960mm」です。

それに対して、メイキングシーツの仕上がりサイズは、通常は、「PSシングルサイズ」用が「1,830mm x 3,000mm」で、「セミダブルサイズ」用が「2,030mm x 3,000mm」でお作りしています。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シングルサイズとセミダブルサイズのフラットシーツ

でも、「大は小を兼ねる」の考えでいけば、「セミダブルサイズ」用の「2,030mm x 3,000mm」のシーツで、「PSシングルサイズ」のマットレスもベッドメイクできます。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シングルサイズにも転用可

また、小さい方の「1,830mm x 3,000mm」のシーツでも、若干、マットレス下の巻き込みが少なくはなりますが、「セミダブルサイズ」用としても使えないことはないのです。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
セミダブルサイズにも転用可

たとえば、実際のホテル客室では、ベッドの台数よりも、シーツの数量は、洗い替え用の予備も含めて、リネン庫に多く保管されています。(たとえばベッドの数 x 約3倍程度)。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
ホテルのリネン庫

もしベッドが100台あるホテルでは、単純計算でいうと、シーツの保管数量が約300枚ということになります。しかも、ベッドのサイズが、「シングルサイズ」や「セミダブルサイズ」・「ダブルサイズ」・「クイーンサイズ」等・・・サイズの種類が多いほど、それだけ管理も大変です。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
大量のシーツの管理

そこで、実際のホテルでは、複数のサイズのシーツを兼用サイズとして持たれている事例が多々あります。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
シーツのリネン庫

さすがに、「シングルサイズ」と「キングサイズ」や「クイーンサイズ」等の大きなサイズのシーツを兼用するのは難しいですが、マットレスのサイズ差が少ない場合は、兼用できるというのがフラットなメイキングシーツのメリットのひとつでもあります。

ベッドメイクの美しさ

また、フラットなメイキングシーツのもうひとつの重要なメリットとしては、綺麗にベッドメイクできるという点です。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
綺麗にベッドメイキングされたシーツ

シーツがフラットであれば、たとえていうと、四角いプレゼントの箱を包む包装紙の様なイメージで、四角いマットレスをピッタリと綺麗に包む様にしてベッドメイクが出来るのです。このベッドメイクされた際の綺麗さから、ホテル客室では、フラットな「メイキングシーツ」が一般的に使われています。

ホテルで、日々、大勢のお客様がチェックアウトされた後、メイキングシーツで、一台一台ベッドを綺麗に包み込む様にしてメイキングしていくのは大変な作業です。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
フラットなメイキングシーツ

でも、おもてなしの精神からも、綺麗にパリッとベッドメイクされた状態でお客様をお迎えしたいということから、ベッドメイクの簡単な「ボックスシーツ」ではなく、敢えてフラットなメイキングシーツがホテルでは採用されています。

まとめ

皆さんも、もし、ご自宅で、ホテルみたいなベッドメイクがしてみたいという場合には、ぜひこのフラットな「メイキングシーツ」をご家庭に導入されてみては如何でしょうか。

フラットシーツとは? ホテルで使われているメイキングシーツの仕組みを徹底解説
家庭でも利用できるフラットシーツ

ご不明な点等は、「一流ホテルのベッド」のサイトより、お気軽にお問合せ下さい。

他のタイプのシーツについては、また別の動画でもご紹介したいと思います。

最後までご覧いただき有難うございました。

━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご参照 ホテル商品のご紹介
ホテル ベッド ホテルシーツ 羽毛布団(ホテルベッドカバー) ホテル枕
和室ベッド
デュベスタイル 旅館マットレス サータ
大きいサイズのマットレス
ベッドスロー ホテル バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-インテリア

執筆者:

関連記事

ホテルの寝具(ベッドカバーや羽毛布団)の種類とは?旅館やホテルの寝具にはどんなタイプがあるのか教えて!!

◇ご参照ページ デュベスタイル デュベカバー(横入式) ホテル羽毛布団ベッドカバー(ボックスタイプ) ホテル羽毛布団ベッドカバー(フリルタイプ) ベッドスロー(ベッドライナー) ベッドスカート

ダブルクッションとは?どんなベッド?

ダブルクッションという言葉を聞いたことはありませんか? 「ダブルクッション」は、ベッドの業界でよく耳にする言葉です。 ダブルクッションの高級ホテルベッドの側面図 クリックできる目次1 ダブルクッション …

和モダンとは? 和風のインテリアで寝室をホテルや旅館みたいなベッドメイキングにする方法

クリックできる目次1 「和モダン」の意味2 ホテル旅館業界のインテリア3 ホテル旅館業界の変化4 和モダンなベッドメイキング実践5 まとめ 「和モダン」の意味 最近よく耳にする「和モダン」という言葉。 …

民泊のベッド ホテルや旅館の業務用マットレス寝具と民泊施設のベッドやインテリアは、どう違う?

「民泊」という言葉を聞かれたことがあるかたも多いと思います。 民泊ベッド また、これから民泊事業を始めたいと思っておられるかたもいらっしゃるかと思います。 本日は、民泊とホテルの違いを、ベッドまわりを …

デュベスタイルのホテルはどこ?

前回、「デュベって、どんな物?どんなスタイル?」では、デュベスタイルとは一体どんなもので、なぜ流行してきたのかをみてみました。 今回は、具体的なホテル事例を見てみましょう。 クリックできる目次1 帝国 …