ホテル業界ニュース

高級ホテルの布団と有名旅館の寝具は、どう違う?同じ羽毛布団?

投稿日:2021年7月10日 更新日:

皆さん、旅行や出張に出かけて、「ホテル」と「旅館」はどう違うのだろう?と疑問に思ったことはありませんか・・・??

ホテルの寝具と旅館の寝具はどう違う?

宿泊のお客様をおもてなしするという立場では、ホテルも旅館も同じですが、この「ホテル」と「旅館」、どういう違いがあるのでしょうか?本日は、「寝具」という観点から見てみたいと思います。

ホテルの布団と、旅館の布団は、どう違う

ホテルと旅館、それ自体の違いとは?

「ホテル」と「旅館」の違いというと、第一印象では、「洋風」なのが「ホテル」で、「和風」なのが「旅館」・・??と思いがちですが、単にそれだけではありません。

ホテルと旅館の違いは?

旅館業法では、おもに和室の客室が5室以上、1部屋あたりの広さが7平方m以上であれば旅館。おもに洋室の客室が10室以上、1部屋あたりの広さが9平方m以上ある場合にはホテルと定められています。

旅館の特徴

「ホテル」では、客室は主に洋室で、寝具はベッドが基本。宿泊は1名以上、朝食付きであったり宿泊のみ(素泊り)であったり・・・。

ホテルの特徴

一方、「旅館」では、客室は主に和室で、寝具は布団が中心。宿泊スタイルは2名以上で、基本的に食事付きが多いですよね。

旅館の和布団

「旅館」では、「ホテル」以上の、人的な温かい「おもてなし」が重視され、接客や会話、客室でのお世話から各種手配、宴会の準備や会場のサポートなど、様々なサービスをおこなっています。

ホテルの寝具と、旅館の寝具は、どう違うの?

一方、「ホテル」では、厚いおもてなしよりも、スマートな接客、むしろプライバシー保護に重きが置かれ、防音対策が取られていたり、密室性や安心感が大切にされています。

ホテルのベッドカバーと、旅館の布団カバーは、どう違う

近付いている!? ホテルと旅館のデザイン

しかしながら、その両者に共通点は多く、特に、昨今は、区別が難しくなっています。特に、施設運営側が、外国人観光客を意識して施設を作る場合、ホテルには、より「和」の要素が増え、もともと和風の旅館は、伝統的な和の要素だけでなく、海外の人達も意識したモダンなデザインを取り入れることも多い為、ベッドやマットレスを導入した和・洋室なども増え、その結果として、「ホテル」と「旅館」の距離は、昔よりも近付いています。

最近のホテルと旅館は似ている!?

日本のホテルが、そのコンセプトとして、地元の特性を客室デザインで表現してアピールポイントして打ち出そうとすると、当然、日本国内なわけですから、洋風な要素よりも、「和」の要素が表に出てくることになります。

ホテルの寝具と、旅館の寝具は、どう違う

もし、アメリカやヨーロッパ等にあるホテルの客室デザインをそのまま真似して作れば、洋風になりますが、外国人観光客を意識したり、地元色を表現しようとすればするほど、ホテルの客室は、必然的に「和」になってゆくのです。

ホテルの寝具と、旅館の寝具は、どう違う?

そして、伝統的な和の旅館が、同じ様に、外国人観光客を意識したり、地元色をデザインでPRしようとすればするほど、モダンな客室になったり、スタイリッシュになって、ホテルに近付いてゆくのです。もちろん、建物の外観や構造や施設内のサービス内容等・・・は異なりますけれど。

旅館の羽毛布団とホテルの羽毛布団の違い

寝具についても、ホテルと旅館は近付いている!?

そのひとつが「寝具」にも表れています。

旅館では、昔は、敷き布団の上に掛け布団を敷くという、和布団スタイルがメインでした。

従来型の旅館の和布団

一方、ホテルでは、昔は、ベッドの上から和布団の様なイメージの羽毛ベッドカバー(ボックスタイプ・フリルタイプ)を掛けるスタイルが多くみられました。これは、今でも多く、色々なホテルでも見られます。

従来型のホテルの羽毛ベッドカバー(ボックスタイプ)

しかしながら、最近は、その折衷的なデザインである、「デュベ」というタイプが主流になっています。

最近主流のデュベスタイルの羽毛布団ベッドカバー

これは、デュベカバーの中にお布団を入れるという、和布団のイメージを残しながら、洋風にベッドメイクできるというスタイルで、外側のデュベカバーがアッパーシーツ代わりにもなりますので、アッパーシーツが不要で、ベッドメイキングも、慣れれば簡単なため、最近、多くの宿泊施設の主流になりつつあるスタイルです。

デュベは、旅館で和布団をメイクする際の良いところと、ホテルでベッドをメイキングする際の良いところを両方兼ね備えています。

ホテルの寝具と、旅館の寝具は、どう違う

しかも、デュベでは、その上に、帯状の「ベッドスロー(ライナー)」を掛けて、「ベッドスロー」で客室のコンセプトを表現することが出来ます。(和風なデザインの物も多くあります)

ホテルの寝具と、旅館の寝具は、どう違うの?

ちなみに、デュベには、「足元を巻き込むタイプ」と「足元を巻き込まないタイプ」のふたつがあり、基本的に、和風の敷き布団形式では、デュベは「足元を巻き込まないタイプ」が向いており、ベッドでは「足元を巻き込むタイプ」か「足元を巻き込まないタイプ」のどちらでも可能ですので、どちらも多く採用されています。

デュベ・足元を巻き込まないタイプ

まだまだ、旅館では、従来型の和布団スタイル、ホテルでは、「ボックスタイプ」や「フリルタイプ」も多く採用されており、旅館でも従来型の和布団も多く採用されていますが、ホテルと旅館の距離が近付くにつれ、寝具に付いても、最近主流の「デュベ」のスタイルで、ホテルと旅館の寝具が全く同じというケースが増えてきているのです。

見分けがつきにくいほど似てきているホテルと旅館の寝具

デュベカバー・足元を巻き込むタイプ

皆さん、写真だけ見て、これはホテル、これは旅館、っていう見分けがつきますか・・・?最近の、ホテルの和・洋室と、旅館の和モダンルーム、とても似てきていますよね。

実はこれ旅館、実はこれホテル。見分けにくい位、似ているホテルの羽毛布団と旅館の羽毛布団

「ホテル」も「旅館」も、お客様に快適な寝心地を提供するという意味では同じですが、両方が、「外国人観光客」「和モダン」「地元色」・・・等の色々な観点・切り口から、寝具の在り方も近付いてきているというのは興味深いですね。

━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご参照 ホテル商品のご紹介
ホテル ベッド ホテルシーツ 羽毛布団(ベッドカバー) ホテル枕
和室ベッド
デュベスタイル 旅館マットレス サータ
大きいサイズのマットレス
 ベッドスロー ホテル バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-ホテル業界ニュース

執筆者:

関連記事

ホテル旅館観光業界ニュース20201118

■プリンススマートイン熱海(静岡県熱海市)が来年1月18日に開業する。 プリンスホテルの新ブランド「プリンススマートイン」の2号店となる。当初は今夏開業を予定していたが開業を延期していた。客室数は12 …

ホテル旅館観光業界ニュース20190803

■茶室ryokan asakusa(都内台東区)がオープンした。 露地に見立てたエントランス、足湯のできる待合、にじり口を彷彿とさせる小さな扉から入る客室など、茶室の構成要素をモチーフにした空間設計と …

ホテル旅館観光業界ニュース20200213

■HOTEL THE MITSUI KYOTO(京都市中京区)が今夏オープンする。 場所は、京都・二条城の向かい。客室やロビー等のパブリックエリアのインテリアデザインは、「Heritage Re/In …

ホテル旅館観光業界ニュース20190929

■ダイワロイヤルホテルシティに「AAA(トリプルエー)コンセプトルーム」が登場する。 同ルームでは、利用者にホテル限定の、AAAの「アメニティーグッズ」、「グリーティングカード」がプレゼントされるほか …

ホテル旅館観光業界ニュース20190705

■グランリーナ金沢 ほぼ駅前ホテル(石川県金沢市)がオープンした。 ホテル名の通り、金沢駅から徒歩約7分という「ほぼ駅前」という立地。「金沢の街歩きを自由に楽しむ」をコンセプトに、女性オーナーが、自身 …