ホテル旅館観光宿泊業界ニュース

「一流ホテルのベッド(楽天店)」による業界の最新情報

インテリア

インバウンドのマットレスとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやベッドを徹底解説

投稿日:2022年6月23日 更新日:

日本全国の観光地では、これから外国人観光客の増加が見込まれています。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

「インバウンド」という言葉をお聞きになられたことはありませんか?

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

これはどういう意味でしょうか・・・。

インバウンドとは?

新幹線に乗って、車内の英語アナウンスで、「・・・This train is bound for Tokyo・・・」と言っているのを聞いたことがあるかもしれません。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

ここで言う「bound」とは、「~行きの」という意味です。この「bound」の前に、方向を表す「in」の付いた単語が「インバウンド(inbound)」です。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

つまり、この「インバウンド」とは、「外から中に入ってくる」という意味で、旅行業界で、「日本に訪れる外国人」の意味で使われています。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

国土交通省観光庁では、「訪日外国人消費動向調査」を常におこなっていて、「インバウンド観光の現状と動向と課題」などの資料も公表しており、国の施策として、観光立国推進計画として、インバウンド増加の目標を設定しています。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

また、単に旅行業界だけでなく、日本の高齢化と少子化の同時進行により、内需が減り、このインバウンドに期待している業界がたくさんあるのです。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

ちなみに、インがあればアウトもあり、「アウトバウンド(outbound)」とは、日本人が海外へ行くことを意味します。

では、そんな、海外からの旅行客をお迎えするには、はたしてどんなインテリアが好まれるでしょうか・・・

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

海外からのお客様を迎える側の、ホテル旅館側の立場に立って考えた場合、また、個人宅などでも、海外から来られた賓客を招き入れる場合、どんな寝室が理想でしょうか・・・?

体感できる地元文化

たとえば、私たち日本人が海外に出掛けた際のことを想像してみましょう。宿泊先の欧米のホテルで、室内のインテリアが日本風であったとしたら・・・?

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

それはそれで、使い勝手の面などからしたら、有難いかもしれません。でも、海外に旅行する場合、その国の文化に触れるのが楽しみでもあり発見でもあります。少々不便でも、その国を体験するという旅においては、日本人向けに日本風になっているよりも、その国らしいインテリアになっている方が、旅しているという気分に浸れませんか?

日本を感じるインテリア

それと同様に、海外のお客様が旅行で来られた際、泊まったホテル旅館の客室のインテリアが、その人の家庭と同じようなインテリアであったとしたら・・・。それはそれで、歓待の気持ちを感じて頂けるかもしれませんが、日本の文化を感じて頂くことは出来ませんよね。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

もちろん、ホテル旅館などの宿泊施設は、日本人自身にとっても、普段いつも触れているわけではない非日常空間ですので、インバウンドを迎えるホテル旅館の客室空間としては、日本文化を非日常空間として洗練して昇華したものであることが理想です。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

やはり、日本の宿泊施設に泊まられた場合は、日本を感じながらおやすみ頂きたいものです。

ビジネス客向けにも

また、海外から来られる外国人の中には、観光客だけでなく、ビジネス客もいらっしゃいますので、ビジネス客にとっては、ホテルでは、日本の文化を体感するという前に、ゆっくりとくつろげる空間であることの方が第一かもしれません。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

以上のようなことから、宿泊施設のハード面としてのインテリアは、日本文化を感じて頂ける、洗練されている、くつろいで頂ける、という要素が大切になってきます。

その上で、各施設のソフト面としての人的なサービスが加われば、海外からのお客様にもご満足を頂ける空間を提供することが可能になります。

インバウンド向けインテリアの具体的事例

それでは、最近の、海外からのお客様を迎えるためのホテル旅館の客室空間の事例をいくつか見てみましょう。

ホテル旅館事例1.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

これは、和風の作りの空間に、ベッドの上下セットを設置して、「デュベ」と「ベッドスロー」でベッドメイクして、頭元に「ペアピロー」を置いたツインルームの事例です。デュベは「足元を巻き込まないタイプ(横入れ式のデュベ)」で、ベッドスローは「和装紺」というお色柄です。「和」の中にも、ベッドという少し高めの生活空間と、デュベ・スローという「洋」のホテルのイメージを取り入れた、和洋折衷スタイルになっています。

ホテル旅館事例2.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

これは、もう少し明るくモダンにした客室で、デュベは高級ホテルでも大人気の「白ストライプ」ですが、ベッドスローとクッションは「飛鳥レッド」という、やはり和風のお色柄です。

ホテル旅館事例3.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

これは、デュベが「足元を巻き込むタイプ」で、ベッドの下部のボトムはボックススプリングボトムでなく、板状のフレームにマットレスをのせたものですので、下部にクッション性はありません。ベッドのサイズはキングサイズで、ダブルルーム仕様です。
通常のホテルのベッドの上下セットよりも少し低い就寝位置ですので、より和に近い空間といえるでしょう。

ホテル旅館事例4.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

先ほどはキングサイズで、ベッドもデュベもスローも大きな一枚物仕様、一本物仕様でしたが、こちらはセパレートで、それぞれのベッドをメイクして、密着させています。ただデュベやベッドスローは、ベッドの左右両サイドに約30センチ程度ずつ垂れる仕様ですので、このベッドメイク方法は、ベッドとベッドの間に若干の隙間は必要になります。

ホテル旅館事例5.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

ちなみに、通常の旅館のお布団形式ですと、こんな感じですが・・・

ホテル旅館事例6.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

これを、ベッド向けのスタイルにして、背を高くすると、こんな感じになります。

ホテル旅館事例7.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

これなんかもそうですね。日本ならではのベッドメイクのスタイルです。

ホテル旅館事例8.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

ただ、最近人気が高いのは、やはり「デュベスタイル」です。外国人観光客の受けも良い様です。

ホテル旅館事例9.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

デュベスタイル(デュベ+ベッドスロー)というベッドメイキングが、インバウンド向けとしても主流になっています。

ホテル旅館事例10.

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

客室に浮世絵を飾られている事例もあって、まさに、インバウンドを意識されたインテリアといえるでしょう。

まとめ

これからますます活発化するとみられている外国人観光客の増加。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

受け入れる側としては、あくまで、観光客目線で、外国人客目線で、ホテル旅館の客室や、賓客を迎える寝室のインテリアにおいても、ホスピタリティ精神をもってインバウンドをお迎えしたいものですね。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

もちろん、一番大切なのは、お迎えする側のソフト面・サービス面ですので、あたたかい人的なサービスが合って、初めて、インテリアも活かされるというものです。

インバウンドのベッドとは? 外国人観光客に好まれるインテリア、ベッドカバーやマットレスを徹底解説

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご参照 ホテル商品のご紹介
ホテル ベッド ホテルシーツ 羽毛布団(ホテルベッドカバー) ホテル枕
和室ベッド
デュベスタイル 旅館マットレス サータ
大きいサイズのマットレス
ベッドスロー ホテル バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-インテリア

執筆者:

関連記事

サータって、どんなマットレス?どんなベッド?

皆さん、ベッドのブランドというと、どんなブランドを思い浮かべますか?? ベッドの本場、米国では、「サータ(SERTA)」というブランドが、その実力・知名度ともにナンバーワンといっても良いでしょう。アメ …

ヘッドボードって必要? ヘッドボードが無しのベッドは、枕やクッションで、頭の部分を高級ホテルみたいにコーディネート!

皆さん、ベッドの頭元に付いている板状のボードって、ご存じですか? 意識されたことはありますか? こんな感じですね↓ 一般的なベッドのヘッドボード これは、通常、「ヘッドボード」と言います。 一般的なベ …

ベッドの廃棄処分の方法とは? マットレスのリサイクル方法,SDGsについて徹底解説

クリックできる目次1 家の中にある大きな物といえば・・・2 SDGsとは?3 マットレスの廃棄方法3.1 リサイクル業者に引き取ってもらう3.2 フリマアプリやオークションで売却する3.3 ベッドを買 …

ホテルのベッドで、上のマットレスと、下のボトム(フレーム)の大きさが異なっている理由は?

クリックできる目次1 同じ呼称のサイズでも、微妙に違う大きさ2 高級ホテルの場合3 日々のベッドメイキング4 上・下サイズの注意点 同じ呼称のサイズでも、微妙に違う大きさ 一口にベッドのサイズを言う場 …

ベッドマットレスのヘタリ具合や老朽化を確認する方法

ベッドのマットレスは、長年使用していると、どうしてもヘタリが出てきます。 これは、どんな丈夫なベッドでも事情は同じです。老朽化しないマットレスというのはありません。 たとえば、ホテル旅館のベッドの事例 …