ホテル業界ニュース

ホテル旅館観光業界ニュース20220822

投稿日:2022年8月22日 更新日:

■都ホテル尼崎(兵庫県尼崎市)に、アウトドアブランド「コールマン」とコラボしたビアガーデン「AMA GARDEN」がオープンした。
椅子やテントなどコールマン製品を使い、ピクニックをイメージした会場を設営し行う屋外イベント。会場内には、コールマンのキャラクター「ザ・コールマンズ」と記念撮影できるフォトスポットも設置。メニューは、骨付きソーセージやスペアリブなどバーベキューメニュー、牛肉のステーキ、タンドリーチキン、ドライカレー、ローストビーフサンド、デザートなど約30種類を用意。ドリンクは、生ビール、サワー、ハイボール、カクテル、ワイン、ソフトドリンクなど約150種類がそろう。火曜~木曜、日曜は「ラッキーデー」として、ドリンクなどをプレゼントする企画を実施。7月28日、8月25日、8月26日は関連イベントとして、「一度つぎ」「三度つぎ」などさまざまなつぎ方で生ビールの味を変化させて提供する「ビールスタンド重富」のオーナー・重富寛氏を迎えた「ビールスタンド重富inあまがさき」も予定する。

■ホテルメトロポリタンさいたま新都心(埼玉県さいたま市)は、「お子さま駅員体験ツアー付き宿プラン」を販売する。
鉄道開業150年およびホテル開業5周年の記念特別企画として、夏休み期間、子どもと家族向けに、普段は見ることができない「さいたま新都心駅の内部の見学」と、駅員の仕事体験ができる宿泊プランで、さいたま新都心駅を楽しく、魅力的に感じることのできる1日3組限定の特別プラン。子ども駅長制服を着て、さいたま新都心駅の駅内部の見学と起床装置や車掌さんへの合図など駅員さんの仕事を体験することができる。宿泊する部屋は、トレインビューの客室を用意しているという。

■ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(北海道虻田郡)では、1泊20万円から滞在の全てをオーダーメイドする宿泊プランを販売している。
VIP専用だった施設やサービスを開放するプロジェクトで、冷え込んだ宿泊業界の再興を目指す。新たなプランは、「その滞在のすべてがオーダーメイド。」をコンセプトに、専属バトラーが来館前から入念に予約確認を行い、あらゆる要望に応えるVIP体験を提供する。同ホテルの豪華客船のような施設スケールも強みのひとつとし、8つの館内飲食施設ではフレンチや京懐石、スイーツを利用客の好みに合わせて提供する。これまで同ホテルでは、セキュリティ上の観点から施設・サービスを含めたVIPエリアを隔絶し、一般客室との2軸のホテルステイを提案してきた。しかしプールや天然温泉大浴場など、他者接触があるサービス利用と需要は大幅に低迷し、顧客減少の課題に直面。その解決策として、宿泊客一人ひとりに寄り添った個人客向けのサービスを強化。希望する宿泊客全てに国賓を迎える際と同程度のサービスを提供するという。

■浜名湖リゾート&スパ THE OCEAN(静岡県浜松市)は、「グランピングBBQプラン」の販売を始めた。
同ホテルは、ホテルチェーン「呉竹荘」が2011(平成23)年に開業。家族連れをメインターゲットにした日常使いで楽しめるホテルとして、客室110室と温泉大浴場などを備える。利用者の大半を宿泊客が占めるため、日帰りでより気軽に利用してもらいたいと、昨年から館内でカフェの営業を開始。より日帰りプランを充実したいと検討した同ホテル。アウトドアブームを背景に、浜名湖畔に位置するロケーションを生かした同プランの発売を決めたという。1階と3階のテラススペースをリニューアルし、4人定員のブースを計10箇所用意。ウッドフロアの上に、アウトドアブランドのイスやテーブルを並べる。弁天島海浜公園や浜名湖のシンボルの一つ赤鳥居など、浜名湖の景色が目の前に広がる開放的なロケーションで食事ができる。できる限り地元食材を使いたいと、静岡産の肉や魚、野菜を仕入れる。食材やコンロ、食器などを完備するため、利用者は手ぶらでバーベキューを楽しめるという。

■高級旅館「REBORN(宮崎県児湯郡)がオープンした。
場所は、村民およそ1,000人と宮崎県内で最も人口の少ない西米良村。同村のシンボル カリコボーズ大橋のたもとに佇む古民家。運営するのは、建設業などを営むハマテック。160年ぐらい前にできた古民家を再生した施設当時のそのままの梁を見せる。宮崎の県産材がふんだんに使われており、高級感のある雰囲気と同村の豊かな自然が楽しめるのが魅力。宿泊できるのは、1日1組限定。プレミアム感を前面に打ち出している施設の宿泊料金は1泊税込みで11万円。西米良の魅力を発信するため、「食」のおもてなしにもこだわり、夕食と朝食は、宿泊客が決めた時間にシェフが訪れ、旬の県産食材を使った料理を提供するという。

■レガロホテル岡山(岡山市北区)2階に、パーソナルトレーニングができるジム「FOUND」がオープンした。
もともと宿泊者用のトレーニング機器を置いていた部屋を、パーソナルジムを手がける岡京に貸し出したもので、ジムは完全予約制で24時間営業。オープンから1週間で30人以上が入会し、約半分が女性だという。白を基調とした店内で、受付やチラシなどはない。その分、低コストに抑えた。今後、リピーター率を高め、パーソナルトレーニング付きの宿泊プランを検討し、新たな宿泊客の獲得も目指す。

━━━━━━━━━━━━━━━
◇ご参照 ホテル商品のご紹介
ホテル ベッド ホテルシーツ 羽毛布団(ホテルベッドカバー) ホテル枕
和室ベッド
デュベスタイル 旅館マットレス サータ
大きいサイズのマットレス
ベッドスロー ホテル バスローブ
━━━━━━━━━━━━━━━━

-ホテル業界ニュース

執筆者:

関連記事

ホテル旅館観光業界ニュース20230119

■ホテル京阪京都八条口(京都市南区)1階レストランでは、京都・東京で多様な飲食店を展開する円居をパートナーに迎え、「体にやさしい朝ごはん」をテーマとする新しい朝食の提供を開始した。料理メニューは、健康 …

ホテル旅館観光業界ニュース20201028

■(仮称)Rakuten STAY Naha Ti-da (沖縄県那覇市)が来年8月に開業する。 ブリッジ・シー・キャピタル社が建設し、楽天グループの民泊事業会社「楽天LIFULL STAY」(RLS …

ホテル旅館観光業界ニュース20210315

■ホテルJALシティ札幌 中島公園(札幌市中央区)に、白い恋人コラボルームが登場した。石屋製菓と共同で、12月に発売45周年を迎える北海道銘菓「白い恋人」のパッケージ風にデコレーションした客室を企画し …

ホテル旅館観光業界ニュース20221217

■東武ホテルレバント東京(都内墨田区)のレストラン「ヴェルデュール」では、完全人工光型植物工場の試験運用を開始した。東武鉄道と東武ホテルマネジメントが、植物工場の事業化支援や農業装置の設計開発を手掛け …

ホテル旅館観光業界ニュース20200925

■グランドニッコー淡路(兵庫県淡路市)が10月1日に誕生する。 兵庫県の第三セクターが運営していた「ウェスティンホテル淡路」が名称を変えるもので、外資系ブランドから日本の大手ブランドに刷新し、国内回帰 …